羊ヶ丘展望台 看板

2015年07月19日 UP!

「羊ケ丘展望台」

豊平区

自然景観・絶景

前回、八紘学園の花菖蒲園(はなしょうぶえん)で写真を撮りすぎた結果、カメラの電池残量が半分になってしまった「うまいもんNet編集部」スタッフ。

旅はまだこれから。撮りたいものはたくさんあるのに、カメラがなければ始まりません。

さぁ、どうする「うまいもんNet編集部」スタッフ!

電池が切れてしまわないかドキドキしながら、次の目的地「さっぽろ羊ケ丘展望台」へと向かいました。

・「羊ケ丘展望台」までバスの旅♪

福住駅 バスセンター

八紘学園を出発し、歩いてまた地下鉄福住駅へと戻ります。

方向音痴な「うまいもんNet編集部」女子スタッフは、来た道を戻るだけなのにまた間違った方向へ歩き、なんと隣の駅にたどり着きましたがその辺は長くなるので割愛しますね♪

地下鉄福住駅バスターミナル4番乗り場から、「羊ケ丘展望台」行きのバスに乗ります。

羊ケ丘展望台 入口

バスに揺られること10分程、「さっぽろ羊ケ丘展望台」に到着しました。

驚いたのは、地下鉄福住駅からバスで来ると、展望台への入場ゲートをバスに乗ったままくぐるんですよ!展望台受付のすぐ近くにバスが停まるので、広い敷地内をたくさん歩かずに済むんです。

さすがは北海道。観光にいらした方に快適な旅を楽しんでいただきたいという、おもてなしの精神が根付いていますね♪

・札幌の街並みを一望できる展望台!

羊ケ丘展望台 地図

羊ヶ丘展望台は、大都市・札幌の中にある広大な牧草地で羊の群れを眺めながら、札幌ドームや眼下に広がる街並みを一望できる、多くの方に親しまれている観光名所です。

もとは研究施設として設置された種羊場でしたが、見学にくる観光客が増加したことにより「羊ケ丘展望台」として観光地になりました。

羊ケ丘展望台 羊の群れ

羊ケ丘展望台 双眼望遠鏡

札幌の街並みが見渡せる展望台。

面白いくらい揃って草を食む羊さんたち。

羊ケ丘展望台 羊 食事中

・クラーク博士のように「BOYS BE AMBITIOUS」!

羊ケ丘展望台 クラーク博士

「羊ケ丘展望台」と言えば、こちらの「クラーク博士像」。

「クラーク博士」は、札幌農学校初代教頭として1876年(明治9年)にアメリカ合衆国から赴任してきた教育者です。

「BOYS BE AMBITIOUS(少年よ、大志を抱け)」の言葉を残したことで有名ですが、のちの資料によるとクラーク博士は、札幌農学校の生徒と別れる際に「お別れじゃ、元気に暮らせよ」と言って生徒と握手を交わし、ヒラリと馬の背にまたがって「BOYS BE AMBITIOUS!」と叫び、馬を走らせて林の中へと消えていったそうです。

クラーク博士、かっこいい…。

ぜひ、クラーク博士の横に並んで、同じポーズで写真を撮ってみてくださいね♪

羊ケ丘展望台 クラーク博士 景色

もう一つ、実はこのクラーク博士像には「お願い」をすることができるんです!

「クラーク博士像」足元の台座に、「大志の誓い」と書かれた投函口があります。100円の保管料で専用の紙に夢や希望をしたためて投函し、クラーク博士に祈願します。

この「大志の誓い」は永久に保存され、何年か後にまた羊ケ丘展望台を訪れたとき、係員の方に投函した年月日と氏名を伝えると、若き日の自分が書いた「大志の誓い」を教えてくれます。

自分の抱いていた「大志」がずっと保管されているなんて、素敵ですね♪

「うまいもんNet編集部」スタッフも、ぜひこの煮えたぎる大志を残してきたかったのですが、羊ケ丘展望台に行ったときはこのことを知らなかったので書くことができませんでした…。とても残念!

ぜひ皆さんも、胸に抱くその熱い大志をクラーク博士に誓ってみてくださいね!

羊ケ丘展望台 ラベンダー

クラーク博士に大志も誓わず、「うまいもんNet編集部」スタッフは何をやっていたのかと言えば、「羊ケ丘展望台」内にあるラベンダー畑に見とれていました。

紫陽花、花菖蒲、ラベンダー。夏の北海道は美しい花でいっぱいです♪

羊ケ丘展望台 ラベンダー畑

ラベンダーをカメラに収めるのに夢中になって、何かを忘れていませんか?

そう!カメラの電池残量がもうこの時点で1/4になってしまいました。

旅はここでようやく折り返し地点。はたして、この後も旅の写真を無事に撮り切ることができるのでしょうか?

羊ケ丘展望台 結婚式場 チャペル
羊ケ丘展望台 レストラン
羊ケ丘展望台 オーストリア館 カフェ おみやげ 休憩所

この記事の評価