小樽ルタオ

2015年07月15日 UP!

「小樽洋菓子舗ルタオ本店」

小樽・余市・ニセコ・積丹

カフェ・喫茶・スイーツ

小樽丸ポスト

前回、数時間のうちに「ゆりソフト」と「レインボータワーソフト」のソフトクリーム二つをぺろっと食べ切った「うまいもんNet編集部」スタッフ。

腹ごなしのため、そろそろ「小樽ぶらっと一人旅」再開です♪

・小樽を見渡せる♪ルタオ本店「展望室」

小樽ルタオ

次に向かったのは、北一硝子「ヴェネツィア カフェテリア」から歩いて5分ほどの場所にある、「小樽洋菓子舗ルタオ本店」。

「LeTAO(ルタオ)」は、とろける口どけのチーズケーキ「ドゥーブルフロマージュ」が全国的に知られる大ヒットとなった小樽の洋菓子店です。

小樽ルタオ外観

こちらの「小樽洋菓子舗ルタオ本店」は、1998年にできたルタオの第一号店。

一階がお菓子の販売店、二階がカフェ、三階が入場無料の展望室になっています。

今日は、こちらの「展望室」に上ってみました!

小樽ルタオ 案内

小樽ルタオ展望台

エレベーターで3階まで上がると、さらにもう少し階段があります。

窓から覗く小樽の街並みを眺めながら階段を上がりきると、ついに展望室に到着!

小樽ルタオ展望台2

小樽ルタオ展望台

小樽街並み

小樽海の景色

観光名所であるメルヘン交差点や、北一硝子のショップやお土産店が軒を連ねる堺町本通りを一望できます。

反対側の窓からは海も見えるので、デートに良さそうなスポットですね♪

・目指すは「小樽 新倉屋」!だがしかし…

最後の目的地は、「小樽 新倉屋」。先日ご紹介した、オーンズ春香山ゆり園とのコラボ商品「ゆり根どら焼き」を作っている小樽の老舗和菓子店です。

本当は、小樽花園町にある本店に行ってみたかったのですが、お店までの距離が遠い気がしたので今回は「新倉屋 小樽駅前店」を目指します!

小樽街並み

「ルタオ本店」から、堺町本通りを通り越して上り坂を歩いていくと、なんだか周りが観光地らしくない風景になってきました。ここはどこだろう…?

不安になり、通りがかったご年配の女性に「小樽駅はどっちですか?」と聞いてみたところ、「小樽駅はここからずーっとずーっと、あっち!かなり歩くよ?」と3回くらい念を押されました。

そんなに遠いんですかおばあちゃん…?嫌な予感しかしません。

でも、「うまいもんNet編集部」スタッフは頑張って歩きますよ!

小樽キッチンぐるぐる

キッチンぐるぐる。気になりますね。お腹もぐるぐるして(空いて)きました。

小樽坂道

かなりの坂!遠い道のり!でも風情がある街並み。どこを撮っても絵になります。

小樽ツルヤ餅菓子舗

小樽商店街

完全にただのカメラ女子です。あれ、私今仕事中だよね…?

小樽商店街

一人旅の始まりに、小樽市街地の地図を手に入れなかったことで完璧に行く方向を見失った「うまいもんNet編集部」スタッフ。

はたして無事に「小樽 新倉屋」小樽駅前店へとたどり着けるのでしょうか?

「小樽ぶらっと一人旅」は、さらに続きます♪

この記事の評価