アワビうろ(肝)好きな人は大好きな北海道の珍味アワビうろ(肝)の塩辛

2015年10月10日 UP!

「あわびのうろ(肝)塩辛」

▼魚介類・水産加工品

いざ、「通」と呼ばれる世界へ。

いざ、「通」と呼ばれる世界への入口・・・・




【あわび好き・お酒好きを唸らせる珍味】

まず最初に、「うまいもんnet」編集部が「通」の世界に初めて足を踏み入れた事をお知らせ致します。
また、滅多にいただく事が出来ない貴重な珍味をご紹介したいと思います。
「珍味」・・・・珍しい味、そう、珍しい食べ物です。
お酒好きの方や乾物好物女子等の自宅には何かしらの珍味がある事と思いますが
そんな珍味好きの方にお聞きします。
「あわび うろ(肝)塩辛」はご存知でしょうか?
北海道 岩内町にある石塚水産の「あわび塩辛シリーズ」である「あわび うろ(肝)塩辛」。
新鮮なアワビのみを使用し、希少とされる「あわびのうろ」を塩辛にした一品です。
口に入れた瞬間から始まる磯のビッグウェーブ。濃厚なアワビの味と磯の香が口内を占領します。
お酒好きの方は勿論、アワビ好き、乾物好物女子にオススメの一品です。
もし、誰かがお宅にお邪魔した際に、この「あわび うろ(肝)塩辛」が出てきたら、「こいつ、ただ者ではないな」と思わせる事間違いなしです。

「あわびのうろ(肝)塩辛」

アワビうろ(肝)好きな人は大好きな北海道の珍味アワビうろ(肝)の塩辛をご紹介。日本酒のおつまみにどうぞ

私たち、「うまいもんnet」編集部は頑張りました。
この美味しさを写真でどのようにお伝えできるのか・・・
色々な角度からの撮影、器の変更、光の具合、撮影者交代、試行錯誤しながら挑んだ撮影・・・

<結果>・・・無理でした。申し訳ないです。見ての通りです。拡大してみて頂ければ尚わかりやすいかと思われます。
スタッフ一同、「あわび うろ(肝)」を美味しそうに撮れない事に対し、自分たちへの憤りを隠しきれませんでした。

「美味しそう」とは思えない見た目ですが・・・

アワビうろ(肝)好きな人は大好きな北海道の珍味アワビうろ(肝)の塩辛を食べてみる

この「あわび うろ(肝)」は食べた瞬間、ガツンときます。
「アワビ」「ウロ」「濃厚」「磯」というフレーズがアルコールを誘います。
オススメは日本酒ですね。少しずつつまみながら日本酒をクイッと、また、少し口に運び、日本酒をクイッと。そして余韻で、また日本酒をクイッと。
お好みで大根おろしと一緒に!

【やはり爽やかには撮影できませんでした・・・】

アワビうろ(肝)好きな人は大好きな北海道の珍味アワビうろ(肝)の塩辛を食べてみた。

どうしても美味しそうに撮れませんでした。お詫び申し上げます。
しかし、見た目が悪くても味は間違い無しです!!
この見た目の良くない所が「通」には良いのです。
濃厚なアワビを味わいたい「通」な方にオススメ!
日々の珍味(おつまみ)に物足りなさを感じている方や、アワビ好き、日本酒好きの方、塩辛マニアの方への贈り物には良いかもしれませんね(^▽^)/
※注意事項・・・日本酒が進みますので二日酔いにご注意願います。また、味が濃いため、苦手な方もいます。少々高級です。

「通」な方はこちらで「お取り寄せ・ご購入」が出来ます。⇒北海道うまいもんstoreへ

この記事の評価